>> if ($admin_flg == 1){ echo $DEF_TITLE." 承認画面"; }else{ // 20050502 ----------------------------------------------<<< if ($DEF_TITLE_IMAGE_FLG != "1"){ echo $DEF_TITLE; }else{ echo ""; } // 20050502 ---------------------------------------------->>> } // 20050502 ----------------------------------------------<<< ?> RSS 1.0
count:  携帯に当掲示板のURLを送る     [管理画面]
0){ ?>
  Re4: ありがとうございます。
[Mail] [Web] [返信]
No.090308133026112226.1.1.1.1    09/03/10(Tue) 10:16   by  yazy (218.45.248.194) [承認] [変更] [削除]
>> if ($DEF_TAKABBS_IMAGE_TYPE == "1"){ ?> ", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< ?> >> } // 20050211 ------------------------------------------------------------------<<< ?>
", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< foreach($array_image as $val){ $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ echo "
"; // 20060819----------------------------------------------------------------->>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } } ?> 【 Re1: ありがとうございます。 】への返信

> 健太郎さん
> ぐりゅーん・へるつさん
> Takumiさん
■メンバーが登場しなかった理由まで、ついつい深読みしてしまうこと自体が
望月作品ならではの楽しみ方かもしれないですね。
ほとんどは思い過ごしで理由は用意されてないのかもしれないけれど
かといってうかうかしてると、単独でリベート要求に行ってたり、
パラシュートの研究したり、手抜き工事の実体を探るため現場で働いてたりするので
実に油断ならないです。

■個人的には連載当初はまだ正直「七人集まってナンボ」という感じがあったものの、
「誘かいのおきて」までに各メンバーのプロフィールが出揃いキャラが確立してきて
その後「灰のとりで」、続く「爆破105」と、ほぼ飛葉ちゃん一人で任務が遂行できると
あとは飛葉ちゃん+他のメンバー、あるいは他のメンバ+他のメンバーのコンビネーションで
十分ドラマが成り立つようになった気がします。

飛葉ちゃん+他のメンバーという組み合わせで、よりメンバーの個性を引き出そうという
パターンは新ワイルドの第2部以降では顕著ですが
ワイルドの場合、ざっと思いつくだけでも主役の飛葉ちゃん抜きで・・・
 オヤブン×八百(緑の墓)(魔像十字路)
 八百×チャーシュー(バイク騎士事件)
 チャーシュー×世界(コンクリートゲリラ)
 世界×オヤブン(バイク騎士事件)
 オヤブン×両国(誘かいのおきて)
 両国×ヘボピー(緑の墓)
 ヘボピー×オヤブン(魔像の十字路)
 八百×両国(谷間のユリは鐘に散る)etc.・・・のように
メンバーの関係性が描かれているシーンが豊富だということも魅力なんだと思います。

>> /// $image_w = ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S) ? $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S : $buff_image_w; if ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S){ $image_w = $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S; $img_src = "s_".$val; if (!file_exists($DEF_TAKABBS_ENTRY_PATH."attached/".$img_src)){ $img_src = $val; } }else{ $image_w = $buff_image_w; $img_src = $val; } // 20050507 ------------------------------------------------------------------<<< $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ ?>
" width="" border="1">
>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } ?>
【 Re1: ありがとうございます。 】への返信

> 健太郎さん
> ぐりゅーん・へるつさん
> Takumiさん
■メンバーが登場しなかった理由まで、ついつい深読みしてしまうこと自体が
望月作品ならではの楽しみ方かもしれないですね。
ほとんどは思い過ごしで理由は用意されてないのかもしれないけれど
かといってうかうかしてると、単独でリベート要求に行ってたり、
パラシュートの研究したり、手抜き工事の実体を探るため現場で働いてたりするので
実に油断ならないです。

■個人的には連載当初はまだ正直「七人集まってナンボ」という感じがあったものの、
「誘かいのおきて」までに各メンバーのプロフィールが出揃いキャラが確立してきて
その後「灰のとりで」、続く「爆破105」と、ほぼ飛葉ちゃん一人で任務が遂行できると
あとは飛葉ちゃん+他のメンバー、あるいは他のメンバ+他のメンバーのコンビネーションで
十分ドラマが成り立つようになった気がします。

飛葉ちゃん+他のメンバーという組み合わせで、よりメンバーの個性を引き出そうという
パターンは新ワイルドの第2部以降では顕著ですが
ワイルドの場合、ざっと思いつくだけでも主役の飛葉ちゃん抜きで・・・
 オヤブン×八百(緑の墓)(魔像十字路)
 八百×チャーシュー(バイク騎士事件)
 チャーシュー×世界(コンクリートゲリラ)
 世界×オヤブン(バイク騎士事件)
 オヤブン×両国(誘かいのおきて)
 両国×ヘボピー(緑の墓)
 ヘボピー×オヤブン(魔像の十字路)
 八百×両国(谷間のユリは鐘に散る)etc.・・・のように
メンバーの関係性が描かれているシーンが豊富だということも魅力なんだと思います。

ただいま、記事はありません。