>> if ($admin_flg == 1){ echo $DEF_TITLE." 承認画面"; }else{ // 20050502 ----------------------------------------------<<< if ($DEF_TITLE_IMAGE_FLG != "1"){ echo $DEF_TITLE; }else{ echo ""; } // 20050502 ---------------------------------------------->>> } // 20050502 ----------------------------------------------<<< ?> RSS 1.0
count:  携帯に当掲示板のURLを送る     [管理画面]
0){ ?>
  Re1: 弾丸数のこだわり(動物園の戦い)
[Mail] [Web] [返信]
No.090318214213108464.1.1.1.1.1    09/03/23(Mon) 02:32   by  ぐりゅーん・へるつ (j067040.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp) [承認] [変更] [削除]
>> if ($DEF_TAKABBS_IMAGE_TYPE == "1"){ ?> ", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< ?> >> } // 20050211 ------------------------------------------------------------------<<< ?>
", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< foreach($array_image as $val){ $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ echo "
"; // 20060819----------------------------------------------------------------->>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } } ?> 【 弾丸数のこだわりが 望月作品の原点では。 】への返信

エヌワイさん
「魔像の十字路」の飛葉のラストバトル、「動物園の戦い」もスゴイですよね。
ご指摘のように、ウッズマンを持った敵を真っ先に倒し、奪い返します。この辺が飛葉の「野性の勘」なのでしょう。そこからすぐに反撃が始まるのではなく、リボルバーで撃たれてしまう。そして踏みつぶそうとする敵の真下から「ドバ」。単純にガンを奪い返して、即反撃開始!ではない。飛葉は撃たれて倒れますが、同時にウッズマンを確保しており、「ドバ」の後にウッズマンを握ったシーンが来る。バトルの「見せ方」がカッコイイんですよ。こういう部分が映画にパクられやすいんだと思います。映像的に面白いですもん。

そこから怒濤の反撃が開始される訳ですが、ホッキョクグマのプールの壁を背にして背面をガードし、撃たれたせいもありますが、座ったままの低い姿勢(撃たれにくい)で、ほとんど動かずに(狙いやすい)連射して行きます。相手が突然の反撃で混乱しているだけでなく、飛葉のこうした「ポジショニング」が効いていると思うんですよ。

飛葉の能力は、射撃が正確というだけでなく、こうした「戦術眼」が優れているんだと思います。「緑の墓」のラストで「エビフライ」野郎を倒す時に、射角がないことと、砲を回転させれば砲撃で倒せることを一瞬で察知しています。単純な射撃の技術だと八百も同等だと思いますが、「戦術眼」の違いが表現されたシーンだと思います。

また、乱戦の中で多数の敵を同時に認識し、リスクの高い順に冷静に対応して行く能力、イージスシステムでいう「指揮決定システム」ですね。そういう部分が飛葉の優れた能力じゃないかと思ってます。

そして、このバトルにはウッズマンが効いていると思います。小口径、単列弾倉ですからスリムで日本人にも握りやすいグリップ。それでありながら、10発の装弾数。低反動ですし、物凄い速射(しかも正確な)が可能だったと思います。下記の動画を見るとウマイ人はリロードもスゴイ速いので、飛葉が雑魚どもを倒し終わるまでに、20秒かかっていないんじゃないかと思います。15秒くらいじゃないですかね?これをやられたら有効な反撃は出来ないと思いますよ。ま、あくまで私の妄想内ですが(笑)

Army Pro Tips: CPL Travis Tomasie Speed Reloads
http://www.youtube.com/watch?v=StXMHw32kjA

>> /// $image_w = ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S) ? $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S : $buff_image_w; if ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S){ $image_w = $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S; $img_src = "s_".$val; if (!file_exists($DEF_TAKABBS_ENTRY_PATH."attached/".$img_src)){ $img_src = $val; } }else{ $image_w = $buff_image_w; $img_src = $val; } // 20050507 ------------------------------------------------------------------<<< $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ ?>
" width="" border="1">
>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } ?>
【 弾丸数のこだわりが 望月作品の原点では。 】への返信

エヌワイさん
「魔像の十字路」の飛葉のラストバトル、「動物園の戦い」もスゴイですよね。
ご指摘のように、ウッズマンを持った敵を真っ先に倒し、奪い返します。この辺が飛葉の「野性の勘」なのでしょう。そこからすぐに反撃が始まるのではなく、リボルバーで撃たれてしまう。そして踏みつぶそうとする敵の真下から「ドバ」。単純にガンを奪い返して、即反撃開始!ではない。飛葉は撃たれて倒れますが、同時にウッズマンを確保しており、「ドバ」の後にウッズマンを握ったシーンが来る。バトルの「見せ方」がカッコイイんですよ。こういう部分が映画にパクられやすいんだと思います。映像的に面白いですもん。

そこから怒濤の反撃が開始される訳ですが、ホッキョクグマのプールの壁を背にして背面をガードし、撃たれたせいもありますが、座ったままの低い姿勢(撃たれにくい)で、ほとんど動かずに(狙いやすい)連射して行きます。相手が突然の反撃で混乱しているだけでなく、飛葉のこうした「ポジショニング」が効いていると思うんですよ。

飛葉の能力は、射撃が正確というだけでなく、こうした「戦術眼」が優れているんだと思います。「緑の墓」のラストで「エビフライ」野郎を倒す時に、射角がないことと、砲を回転させれば砲撃で倒せることを一瞬で察知しています。単純な射撃の技術だと八百も同等だと思いますが、「戦術眼」の違いが表現されたシーンだと思います。

また、乱戦の中で多数の敵を同時に認識し、リスクの高い順に冷静に対応して行く能力、イージスシステムでいう「指揮決定システム」ですね。そういう部分が飛葉の優れた能力じゃないかと思ってます。

そして、このバトルにはウッズマンが効いていると思います。小口径、単列弾倉ですからスリムで日本人にも握りやすいグリップ。それでありながら、10発の装弾数。低反動ですし、物凄い速射(しかも正確な)が可能だったと思います。下記の動画を見るとウマイ人はリロードもスゴイ速いので、飛葉が雑魚どもを倒し終わるまでに、20秒かかっていないんじゃないかと思います。15秒くらいじゃないですかね?これをやられたら有効な反撃は出来ないと思いますよ。ま、あくまで私の妄想内ですが(笑)

Army Pro Tips: CPL Travis Tomasie Speed Reloads
http://www.youtube.com/watch?v=StXMHw32kjA

ただいま、記事はありません。