>> if ($admin_flg == 1){ echo $DEF_TITLE." 承認画面"; }else{ // 20050502 ----------------------------------------------<<< if ($DEF_TITLE_IMAGE_FLG != "1"){ echo $DEF_TITLE; }else{ echo ""; } // 20050502 ---------------------------------------------->>> } // 20050502 ----------------------------------------------<<< ?> RSS 1.0
count:  携帯に当掲示板のURLを送る     [管理画面]
0){ ?>
  Re1: 見開き2ページが、まるごと1コマ
[Mail] [Web] [返信]
No.090328141225841552.1    09/03/30(Mon) 14:09   by  ぐりゅーん・へるつ (j067145.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp) [承認] [変更] [削除]
>> if ($DEF_TAKABBS_IMAGE_TYPE == "1"){ ?> ", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< ?> >> } // 20050211 ------------------------------------------------------------------<<< ?>
", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< foreach($array_image as $val){ $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ echo "
"; // 20060819----------------------------------------------------------------->>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } } ?> 【 見開き2ページが、まるごと1コマ 】への返信

健太郎さん
望月先生への思い、アツイですね!

先生の作品の魅力はたくさんありますが、ご紹介のように「見開き2ページの大ゴマ表現」も特筆すべきものがあると思います。ふつう「見開き2ページの大ゴマ」というと、「1コマ」であり、「動きはひとつ」なのですが、先生の「大ゴマ」はそうではなく、1コマなのに動きがあります。絵が動いて見えるんですよね。

ご紹介の神話社長のB17Gの銃撃シーンもそうです。ワンショットなのに、銃撃を受けるボートが動いて見えます。どうしてそう見えるのか考えてみたのですが、「いくつかのコマを1コマに凝縮させる」という表現方法を取っているように思われます。

日本の漫画の読み方は「上から下」「右から左」への視点移動が基本(漫画の読み方のルール)です。

この大ゴマでいうと、画面右上に描き込まれた擬音「グオン」にまず目が行きます。次にB17の機体、その次に腹部銃座に視点が移動します。そして銃座の射撃音「パリパリパリ」に行くわけですが、この擬音は右から左に読むことになります。そして、次に左ページのボートへの着弾音「ビシビシバシバシ」に目が行きます。

こうやって漫画の読み方のルールに従って、「上から下」「右から左」へ、自然に視点移動するように描いてあるんですね。見開きの大ゴマですが、読む(見る)順番があるわけです。「視点の移動」はイコール「時間の経過」なので、ワンショットの大ゴマなのに、時間の経過が表現されています。「グオン」→「パリパリパリ」→「ビシビシバシバシ」です。これがつまり「動いて見える」ということなのではないかと思います。

こういう漫画表現って、先生独自のものではないでしょうか?

>> /// $image_w = ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S) ? $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S : $buff_image_w; if ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S){ $image_w = $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S; $img_src = "s_".$val; if (!file_exists($DEF_TAKABBS_ENTRY_PATH."attached/".$img_src)){ $img_src = $val; } }else{ $image_w = $buff_image_w; $img_src = $val; } // 20050507 ------------------------------------------------------------------<<< $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ ?>
" width="" border="1">
>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } ?>
【 見開き2ページが、まるごと1コマ 】への返信

健太郎さん
望月先生への思い、アツイですね!

先生の作品の魅力はたくさんありますが、ご紹介のように「見開き2ページの大ゴマ表現」も特筆すべきものがあると思います。ふつう「見開き2ページの大ゴマ」というと、「1コマ」であり、「動きはひとつ」なのですが、先生の「大ゴマ」はそうではなく、1コマなのに動きがあります。絵が動いて見えるんですよね。

ご紹介の神話社長のB17Gの銃撃シーンもそうです。ワンショットなのに、銃撃を受けるボートが動いて見えます。どうしてそう見えるのか考えてみたのですが、「いくつかのコマを1コマに凝縮させる」という表現方法を取っているように思われます。

日本の漫画の読み方は「上から下」「右から左」への視点移動が基本(漫画の読み方のルール)です。

この大ゴマでいうと、画面右上に描き込まれた擬音「グオン」にまず目が行きます。次にB17の機体、その次に腹部銃座に視点が移動します。そして銃座の射撃音「パリパリパリ」に行くわけですが、この擬音は右から左に読むことになります。そして、次に左ページのボートへの着弾音「ビシビシバシバシ」に目が行きます。

こうやって漫画の読み方のルールに従って、「上から下」「右から左」へ、自然に視点移動するように描いてあるんですね。見開きの大ゴマですが、読む(見る)順番があるわけです。「視点の移動」はイコール「時間の経過」なので、ワンショットの大ゴマなのに、時間の経過が表現されています。「グオン」→「パリパリパリ」→「ビシビシバシバシ」です。これがつまり「動いて見える」ということなのではないかと思います。

こういう漫画表現って、先生独自のものではないでしょうか?

ただいま、記事はありません。