>> if ($admin_flg == 1){ echo $DEF_TITLE." 承認画面"; }else{ // 20050502 ----------------------------------------------<<< if ($DEF_TITLE_IMAGE_FLG != "1"){ echo $DEF_TITLE; }else{ echo ""; } // 20050502 ---------------------------------------------->>> } // 20050502 ----------------------------------------------<<< ?> RSS 1.0
count:  携帯に当掲示板のURLを送る     [管理画面]
0){ ?>
  見開き2ページが、まるごと1コマ
[Mail] [Web] [返信]
No.090328141225841552    09/03/28(Sat) 14:12   by  健太郎 (p6190-ipbfp301miyazaki.miyazaki.ocn.ne.jp) [承認] [変更] [削除]
>> if ($DEF_TAKABBS_IMAGE_TYPE == "1"){ ?> ", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< ?> >> } // 20050211 ------------------------------------------------------------------<<< ?>
", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< foreach($array_image as $val){ $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ echo "
"; // 20060819----------------------------------------------------------------->>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } } ?>

みなさん、こんにちは。
 休日は、「ワイルド7」の中で、「自分が決めた1話や1場面を、ローテーションで、読み味わう(味読)時間」が、「至福の癒しの時間」です。
  何回も、繰り返し、味わうように読んでいます。新たな発見や感動の連続です。
  いろいろな視点から、作品を楽しんでいます。作品の面白さを堪能するのは、もちろんのこと、時には、描画ひとつを選んで、しばらく見つめ、その素晴らしさを味わっています。
 先生の素晴らしい描画の数々を、鑑賞させていただいています。
 私は、先生の描画のタッチが、すごくすごく大好きなのです。

すべてが素晴らしいのですが、特に重要な迫力のある場面の演出として、見開き2ページが、まるごと1コマになっている場面に、もの凄い迫力を感じます。
 映画の大画面スクリーンを連想してしまいます。
 一部を除いた主な場面を洗い出してみました。

「バイク騎士事件」      ヘボピーを助けに行く場面
「千金のロード」       米軍基地に戦車が入ってきての戦闘場面、汽車が門を突き破る場面(凄くスピード感あふれていて凄い、この場面の前の錠前の鎖が切れていく連続場面描写も素晴らしいです。黒という描写も、暗闇の中の黒い門に、汽車が衝突して来る、凄く緊張・緊迫した雰囲気を高めていますね。、これは、少年の頃から、ずっと凄いと思っていました。心に残るアクションシーンなのです。)
「緑の墓」           親分と学生デモ隊が緑の墓に乗り込む場面
                 砦が水が噴き出て崩壊する場面
「首にロープ」         しし座グループがバイクに乗り襲ってくる場面
「谷間のユリは鐘に散る」  暴走トラックとパトカーがぶつかる場面(先生の作品には、よく大型トラックも登場しますが、荒々しいパワーが感じられて、アクションシーンの迫力を高めていますね。)
「地獄の神話」        戦闘機がボートをハチの巣にする場面(写真)
                 飛葉ちゃんが、折れた鉄塔の上を銃を構えながらバイクで疾走する場面
                 ヘボピーが敵と格闘する場面
「運命の七星」        親分が肉鉄のガードマンや車をぶち抜く場面
                 航空機が、船につっこむ場面(すごすぎる、とっくの昔にハリウッドレベル、先生は、航空機の描写もお上手ですね。)     
                  飛葉ちゃんが、車椅子の敵の用心棒らしき男を折れた木で殴る場面
                 バンドのメンバーは、じつは本物、ワイルドメンバーが一斉に銃弾をぶっ放す場面
「熱砂の帝王」        オープニングの列車と風景(ハリウッド洋画タッチ)
                 飛葉ちゃんが、馬に乗った集団に、周りを取り囲まれる場面   
                 バイク族が、疾走する場面   
                 飛葉ちゃんが2人組の敵と対決、散弾銃で殴る場面(とばし~「コマのバックに入れる斜線」~この素晴らしいテクニックは、JUNさんが教えてくださいました。すごいスピード感ですね。)
                 炎に包まれ、建物が倒壊する場面
「灰になるまで」       飛葉ちゃんが、闇クモをぶち抜く場面
「ガラスの城」        女ワイルドが一斉に銃撃する場面
                スタジオ内で、バイクに乗る飛葉ちゃんと、突っ込んでくる敵の車との対決場面(ど迫力)
「魔像の十字路」     ヘボピーが、バイクで車をどかそうとする場面
               飛葉ちゃんが、敵と対決、銃撃する場面。
               「ワイルド GO」で、敵戦闘艦に向かう及び飛び移る場面(感動・涙)

どれをとっても素晴らしいですね。すごい迫力ですね。ずっと見つめていたくなります。額縁に入れて飾っておきたくなります。
写真は、「地獄の神話」の一場面です。凄い迫力、みごとなまでのリアルで緻密なタッチですね。みなさん、写真をクリック、大きく拡大して、じっくりと見つめてみてくださいね。
今もなお、新鮮な感動、静止画なのに、ここまで、スピード感、スリル感あふれる動きを感じられる描画が描ける漫画家が、今、はたしているでしょうか。今の多くの若者に、この素晴らしさを、知ってもらいたいです。

 先生の原画(原稿)のサイズは、少年キングの大きさなのでしょうか?
 ヒットコミックスや、現在の愛蔵版や文庫は、それより小さいサイズですが。
 先生の原画の大きさについて、どなたか教えてください。

 それから、すべてが素晴らしいのですが、上記の中でみなさんが、一番お気に入りを選ぶとしたら、(凄く難しいことですが、全部いいから)どの描画をベスト3に選ばれますか?
 いや、やっぱりすべていいですね。(^-^)




>> /// $image_w = ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S) ? $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S : $buff_image_w; if ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S){ $image_w = $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S; $img_src = "s_".$val; if (!file_exists($DEF_TAKABBS_ENTRY_PATH."attached/".$img_src)){ $img_src = $val; } }else{ $image_w = $buff_image_w; $img_src = $val; } // 20050507 ------------------------------------------------------------------<<< $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ ?>
" width="" border="1">
>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } ?>

みなさん、こんにちは。
 休日は、「ワイルド7」の中で、「自分が決めた1話や1場面を、ローテーションで、読み味わう(味読)時間」が、「至福の癒しの時間」です。
  何回も、繰り返し、味わうように読んでいます。新たな発見や感動の連続です。
  いろいろな視点から、作品を楽しんでいます。作品の面白さを堪能するのは、もちろんのこと、時には、描画ひとつを選んで、しばらく見つめ、その素晴らしさを味わっています。
 先生の素晴らしい描画の数々を、鑑賞させていただいています。
 私は、先生の描画のタッチが、すごくすごく大好きなのです。

すべてが素晴らしいのですが、特に重要な迫力のある場面の演出として、見開き2ページが、まるごと1コマになっている場面に、もの凄い迫力を感じます。
 映画の大画面スクリーンを連想してしまいます。
 一部を除いた主な場面を洗い出してみました。

「バイク騎士事件」      ヘボピーを助けに行く場面
「千金のロード」       米軍基地に戦車が入ってきての戦闘場面、汽車が門を突き破る場面(凄くスピード感あふれていて凄い、この場面の前の錠前の鎖が切れていく連続場面描写も素晴らしいです。黒という描写も、暗闇の中の黒い門に、汽車が衝突して来る、凄く緊張・緊迫した雰囲気を高めていますね。、これは、少年の頃から、ずっと凄いと思っていました。心に残るアクションシーンなのです。)
「緑の墓」           親分と学生デモ隊が緑の墓に乗り込む場面
                 砦が水が噴き出て崩壊する場面
「首にロープ」         しし座グループがバイクに乗り襲ってくる場面
「谷間のユリは鐘に散る」  暴走トラックとパトカーがぶつかる場面(先生の作品には、よく大型トラックも登場しますが、荒々しいパワーが感じられて、アクションシーンの迫力を高めていますね。)
「地獄の神話」        戦闘機がボートをハチの巣にする場面(写真)
                 飛葉ちゃんが、折れた鉄塔の上を銃を構えながらバイクで疾走する場面
                 ヘボピーが敵と格闘する場面
「運命の七星」        親分が肉鉄のガードマンや車をぶち抜く場面
                 航空機が、船につっこむ場面(すごすぎる、とっくの昔にハリウッドレベル、先生は、航空機の描写もお上手ですね。)     
                  飛葉ちゃんが、車椅子の敵の用心棒らしき男を折れた木で殴る場面
                 バンドのメンバーは、じつは本物、ワイルドメンバーが一斉に銃弾をぶっ放す場面
「熱砂の帝王」        オープニングの列車と風景(ハリウッド洋画タッチ)
                 飛葉ちゃんが、馬に乗った集団に、周りを取り囲まれる場面   
                 バイク族が、疾走する場面   
                 飛葉ちゃんが2人組の敵と対決、散弾銃で殴る場面(とばし~「コマのバックに入れる斜線」~この素晴らしいテクニックは、JUNさんが教えてくださいました。すごいスピード感ですね。)
                 炎に包まれ、建物が倒壊する場面
「灰になるまで」       飛葉ちゃんが、闇クモをぶち抜く場面
「ガラスの城」        女ワイルドが一斉に銃撃する場面
                スタジオ内で、バイクに乗る飛葉ちゃんと、突っ込んでくる敵の車との対決場面(ど迫力)
「魔像の十字路」     ヘボピーが、バイクで車をどかそうとする場面
               飛葉ちゃんが、敵と対決、銃撃する場面。
               「ワイルド GO」で、敵戦闘艦に向かう及び飛び移る場面(感動・涙)

どれをとっても素晴らしいですね。すごい迫力ですね。ずっと見つめていたくなります。額縁に入れて飾っておきたくなります。
写真は、「地獄の神話」の一場面です。凄い迫力、みごとなまでのリアルで緻密なタッチですね。みなさん、写真をクリック、大きく拡大して、じっくりと見つめてみてくださいね。
今もなお、新鮮な感動、静止画なのに、ここまで、スピード感、スリル感あふれる動きを感じられる描画が描ける漫画家が、今、はたしているでしょうか。今の多くの若者に、この素晴らしさを、知ってもらいたいです。

 先生の原画(原稿)のサイズは、少年キングの大きさなのでしょうか?
 ヒットコミックスや、現在の愛蔵版や文庫は、それより小さいサイズですが。
 先生の原画の大きさについて、どなたか教えてください。

 それから、すべてが素晴らしいのですが、上記の中でみなさんが、一番お気に入りを選ぶとしたら、(凄く難しいことですが、全部いいから)どの描画をベスト3に選ばれますか?
 いや、やっぱりすべていいですね。(^-^)




ただいま、記事はありません。