>> if ($admin_flg == 1){ echo $DEF_TITLE." 承認画面"; }else{ // 20050502 ----------------------------------------------<<< if ($DEF_TITLE_IMAGE_FLG != "1"){ echo $DEF_TITLE; }else{ echo ""; } // 20050502 ---------------------------------------------->>> } // 20050502 ----------------------------------------------<<< ?> RSS 1.0
count:  携帯に当掲示板のURLを送る     [管理画面]
0){ ?>
  私の思い出
[Mail] [Web] [返信]
No.090402155202354453.2    09/04/05(Sun) 09:20   by  健太郎 (p6190-ipbfp301miyazaki.miyazaki.ocn.ne.jp) [承認] [変更] [削除]
>> if ($DEF_TAKABBS_IMAGE_TYPE == "1"){ ?> ", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< ?> >> } // 20050211 ------------------------------------------------------------------<<< ?>
", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< foreach($array_image as $val){ $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ echo "
"; // 20060819----------------------------------------------------------------->>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } } ?> 【 ワイルド7の思い出 】への返信

チャーシューふあん さん>

<よろしければ皆さんのワイルドにまつわる思い出話ぜひ聞かせてくださいね。>

 私の「ワイルドにまつわる思い出」の一つに、私も、eddy-sさんと同じように、先生の描画のタッチに感動して、少年の頃に、自分でもイラストを描いてみたくなって、描いてみたことです。(私は、あまり、うまくありませんが・・・)バイクのタイヤの部分や、エンジンの部分を描くのに、けっこう時間がかかりました。もう一度、描いてみようかなという気持ちになってきました。

 eddy-sさんの記事、読みました。素晴らしいですね。凄くお上手ですね。先生に、お褒めの言葉をいただいて、よかったですね・・・。
 eddy-sさんが、言われる通り、私も、間違いなく先生の漫画で男らしさと勇気と元気と自信を貰っていました。いや、現在でも、たくさんの元気をいただいています。先生の新作が、もう凄く楽しみです。

 それから、イラストに関して、ランシオさんの「アドビ・イラストレーターを使ったコンピューターグラフィック」も、素晴らしいですね。パソコンを使って、ここまで精密なイラストが描けるとは、びっくりです。先生が、絶賛されて、いましたね。お世辞抜きに天才的だと思います。
 ランシオさんのHPは、「ワイルド7」に登場したバイクや車が、凄く詳しく解説されていて、勉強になり、とても嬉しく、楽しく読ませていただいています。
 
 メカニックの「緻密・精密な描写」、これも、私を強く強く惹きつける、先生の作品の魅力の一つなのです。

>> /// $image_w = ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S) ? $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S : $buff_image_w; if ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S){ $image_w = $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S; $img_src = "s_".$val; if (!file_exists($DEF_TAKABBS_ENTRY_PATH."attached/".$img_src)){ $img_src = $val; } }else{ $image_w = $buff_image_w; $img_src = $val; } // 20050507 ------------------------------------------------------------------<<< $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ ?>
" width="" border="1">
>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } ?>
【 ワイルド7の思い出 】への返信

チャーシューふあん さん>

<よろしければ皆さんのワイルドにまつわる思い出話ぜひ聞かせてくださいね。>

 私の「ワイルドにまつわる思い出」の一つに、私も、eddy-sさんと同じように、先生の描画のタッチに感動して、少年の頃に、自分でもイラストを描いてみたくなって、描いてみたことです。(私は、あまり、うまくありませんが・・・)バイクのタイヤの部分や、エンジンの部分を描くのに、けっこう時間がかかりました。もう一度、描いてみようかなという気持ちになってきました。

 eddy-sさんの記事、読みました。素晴らしいですね。凄くお上手ですね。先生に、お褒めの言葉をいただいて、よかったですね・・・。
 eddy-sさんが、言われる通り、私も、間違いなく先生の漫画で男らしさと勇気と元気と自信を貰っていました。いや、現在でも、たくさんの元気をいただいています。先生の新作が、もう凄く楽しみです。

 それから、イラストに関して、ランシオさんの「アドビ・イラストレーターを使ったコンピューターグラフィック」も、素晴らしいですね。パソコンを使って、ここまで精密なイラストが描けるとは、びっくりです。先生が、絶賛されて、いましたね。お世辞抜きに天才的だと思います。
 ランシオさんのHPは、「ワイルド7」に登場したバイクや車が、凄く詳しく解説されていて、勉強になり、とても嬉しく、楽しく読ませていただいています。
 
 メカニックの「緻密・精密な描写」、これも、私を強く強く惹きつける、先生の作品の魅力の一つなのです。

ただいま、記事はありません。