旧掲示板>
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃過去ログ ┃表紙  
81 / 595 ツリー ←次へ | 前へ→

どうも始めまして、みなさま。 流離牙-SASURAI@KIBA- 14/11/30(日) 23:33
Re:どうも始めまして、みなさま。 JUN 14/12/1(月) 10:40
久し振りです。 流離牙-SASURAI@KIBA- 15/6/4(木) 20:14
↑ 補足説明です。 流離牙-SASURAI@KIBA- 15/6/4(木) 20:33
Re:久し振りです。 JUN 15/6/7(日) 12:22
追記です。 JUN 15/6/11(木) 8:52

どうも始めまして、みなさま。
←back ↑menu ↑top forward→
 流離牙-SASURAI@KIBA-  - 14/11/30(日) 23:33 -

引用なし
パスワード
   望月先生はワイルド7の続編より、優しい鷲JJや秘密探偵JAの続編、
または依然何処かで述べられていた土方歳三の五稜郭での散華までの生き様あたりを
是非に――と、たびたび残念に思ってしまったりする今日この頃であります
(べつにワイルド続編を一概に否定するワケでは無いのですが、続編物に対する
チョット複雑な気持ちというのも否定出来ないのでして)。

とりわけ秘密探偵JAと優しい鷲JJの両作品については、日本及び在外邦人の危機が
より一層身近に感じられる今だからこそクローズアップされても好いハズなのですが
(尤もそれはワイルド7についても同じ様に言えるのかもしれませんけど。われわれは未だに、今なお……)。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Iro...@hd117-18-216-110.hidatakayama.ne.jp>

Re:どうも始めまして、みなさま。
←back ↑menu ↑top forward→
 JUN E-MAILWEB  - 14/12/1(月) 10:40 -

引用なし
パスワード
   ▼流離牙-SASURAI@KIBA-さん

初めまして、流離牙さん。

それは私も思っていますね〜。
望月三起也=ワイルド7じゃないとね。
ワイルド7ばかりというファンやワイルド7しか知らないってファンもいて、
まァ、それはそれで否定は出来ないし、するつもりもないけど、
それじゃ、せっかくこの人生で出会った望月作品の一部しかないってことで、
勿体ないって思うんですけどね。

先生自身も、「描きたいンだけど、中々ねぇ。それに周りがワイルドを求めて来るんだよ」
って・・・・

思い切って描いて貰いたいなァ。
な、気分です。
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, li...@s140.GtokyoFL17.vectant.ne.jp>

久し振りです。
←back ↑menu ↑top forward→
 流離牙-SASURAI@KIBA-  - 15/6/4(木) 20:14 -

引用なし
パスワード
   >▼JUNさん:
>先生自身も、「描きたいンだけど、中々ねぇ。
>それに周りがワイルドを求めて来るんだよ」って・・・・
>
>思い切って描いて貰いたいなァ。な、気分です。

「石ノ森章太郎 ビッグ作家・究極の短編集」巻末収録の対談より抜粋。
(初出が何時かは不明ですが。そういえばこの辺りの時期は望月先生もその、執筆作品数&執筆ペースは……でしたっけ?)
 
 藤子A:月に何枚くらい描いていたの。
 石ノ森:多いときは六百枚。ちょうどマンガ雑誌が増えて来た時期だったからな。
 藤子A:当時ぼくらも週刊三本くらいやってた時代で、量は一種のステイタスだったからね。
 石ノ森:いまは本当に馬鹿な事だと思われるだろうけどな。
 藤子A:今月の漫画家のページ数ベストテン、とかがあって競ってたりした。
 さいとう・たかを:危機感をいっつも持っていた。断ったら仕事、もう来んのと違うのか、って。
 石ノ森:それとね、何て言うか、描きたいものが一杯あったんだよ。
 藤子A:でも量を描くっていうのは大事で、いくら頭の中でどんな傑作を描いても、
 現実に原稿にしないことには、死んじゃうのよ。
 だから何でもかんでも描くっていうのは大事なことでね、そういう意味ではいい時期だったよ。
 石ノ森:描いてることによって新しい発見もあった。やり方や見方とかね。
 いまの若い人は才能あるけど、やらないじゃない、一つのパターンにはめちゃって。
 藤子A:火事場の何とか力っていうけれど、イザとなったら凄いアイディアが出る、そして描ける。
 いまは週刊一本なら一本ってなっちゃってるけど、一人の漫画家が色んな作品をいっぱい描くことも
 必要なんだ。ちょっと寂しいね。

今は色んな事情でかつての如くには流石に難しいですけど、それでも。
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Iro...@hd117-18-216-110.hidatakayama.ne.jp>

↑ 補足説明です。
←back ↑menu ↑top forward→
 流離牙-SASURAI@KIBA-  - 15/6/4(木) 20:33 -

引用なし
パスワード
   「この辺りの時期」というのは対談で御三方が言及している、および
同単行本の同シリーズに収録されている作品群の初出時期(個人的には
もうちょっと後の、70年代末期まで含ませて貰いますが)――という意味です。

彼等も含む"あの頃"の名だたる皆様にはいったい、何があったのでしょうか……?
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Iro...@hd117-18-216-110.hidatakayama.ne.jp>

Re:久し振りです。
←back ↑menu ↑top forward→
 JUN E-MAILWEB  - 15/6/7(日) 12:22 -

引用なし
パスワード
   ▼流離牙-SASURAI@KIBA-さん:

は〜い、久し振りです(笑)

数か月の放置(?)で、なんか、内容が変化しちゃってるようで、
よく判らないンだけど‥‥‥ (苦笑)

さて‥‥‥

>「石ノ森章太郎 ビッグ作家・究極の短編集」巻末収録の対談より抜粋。
>(初出が何時かは不明ですが。そういえばこの辺りの時期は望月先生もその、執筆作品数&執筆ペースは……でしたっけ?)
> 
望月先生、「基本、お仕事オファーはお断りしない」ですが、
さすがに一定量以上は物理的に無理ですからねぇ(笑)
‥‥‥で、全盛時だいたい常時連載3本のところに、読み切りが1〜2本入ります。
 (先生曰く、「日本一読み切り作が多い漫画家」だと自負)
単純計算で月産約300枚(ページ)超平均でしょうか? 
さすがに手塚先生や石森先生のような生産量は異常で、比較になりません。

ところで、この記事の初出は掲載誌の発行年月日ではないでしょうか?
巻末に記載されていませんか?
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/43....@p1111-ipngn5602marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp>

追記です。
←back ↑menu ↑top forward→
 JUN E-MAILWEB  - 15/6/11(木) 8:52 -

引用なし
パスワード
   >単純計算で月産約300枚(ページ)超平均でしょうか? 
>
あくまでこれは、のべ平均でありまして、
多いときは400は越えていたでしょう。
連載が4本の時期もありましたし、結構、見えないところでの執筆もあったんですよね〜。
サッカーマガジンへの連載とか一コマ漫画や書籍カバー、イラスト執筆等……

おっ、投稿キーが「1711」…
なんか、いい番号かも?
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, li...@s140.GtokyoFL17.vectant.ne.jp>

81 / 595 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃過去ログ ┃表紙  
ページ:  ┃  記事番号:   
159,667
(SS)C-BOARD v3.8(とほほ改ver2.1) is Free