月刊望月三起也タイトル画像

望月マニ也


ワイルド7 SAGA [メンバーズ・クロニクル]

望月マニ也

100■「ワイルド7」の初期に、隊員たちが草波の元を離れていく出来事が発生し、これまであまりに反抗的でならず者の集団だったことから、心配した成沢が今度は警察官と自衛隊の中間となる代わりのメンバーを100人用意してくるというシーンがありました。
そのとき草波は、ワイルド7はあの7人以外には考えられないと、これを拒絶するのです。

日頃は厳しい態度を取っていても、草波がメンバーたちのことを仲間と信頼して、どれだけ思っていたのかが伝わってくる熱い場面です。 続きを読む

2015 年 8 月 4 日   固定リンク   |   トラックバック(1)

犯罪者の美意識

望月マニ也

kmb_tittle ヨーロッパのファッション・デザイナーは、殆どが建築学科を卒業した人です。
立体デザインでは共通する面が有るのかも知れません。
望月三起也先生も建築学科の御出身。
成程、登場人物は服装も、愛用する武器も、個性的です。
そこで、望月先生流「犯罪者の美意識」を探求してみませんか。 続きを読む

2015 年 7 月 6 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

ワイルド総研 第一部
『 両国・八百・世界(テル)』

望月マニ也

Wld7 Laboratory_tittle_8過去「ウッズマン」「357スーパーウッズマン」「ショットガン」と飛葉の愛銃を製作・レポートしてきましたが、
今回からワイルド7アナザーメンバーの愛用銃を三部構成で紹介したいと思います。
また付録として各話ごとに登場する銃器(拳銃~重機関銃)も纏めてみました。

名付けて『ワイルド7総合銃器研究所

続きを読む

2015 年 6 月 6 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

ケネディ騎士団(ナイツ) テイチク・フォノ・グラフ

望月マニ也

0024179しばらく振りの投稿をさせて頂きます。

以前から知り合いのちっちさんとyazyさんに「いい加減に何か紹介しなさい!」と言われ続けて気がつけば早や何年となっておりました。

さて・・・と、考えてどんな物を紹介しようかと毎度部屋を探すのですが、望月先生関連品といえば単行本に雑誌切り抜き、付録や直筆物と雑多に所有しており、元来の「ものぐさ」と、管理の悪さから部屋の本の山の奥底に眠ってしまっている物が多々とあり、そのどれもが発掘が不可能に近い状態となっています(笑)

意を決してやっと数点発掘できた中から今回は「ケネディ騎士団(ナイツ)」のソノシートを紹介したいと思います。 続きを読む

2015 年 5 月 5 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

マッドドッグの全貌

望月マニ也

maddog_tittle_2以前「マッドドッグ」の作品紹介をさせていただきましたが、その時点では秋田書店文庫4冊しか所有していませんでした。
今回の原稿を書こうと思ったきっかけは、ヤングコミック連載時のカラーページが見たいなぁ~と、軽~い気持ちで探し始めた事でした。 続きを読む

2015 年 4 月 5 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

悪事の経営者たち

望月マニ也

kma_tittle 営利法人は、営利を目的とした組織です。
その使命は、利潤の追求です。
これ無くして、営利法人は成り立ちません。
合法的な企業であっても、そうなのです。
ましてや非合法の組織であれば、なおさらです。
悪事と言うリスクを犯すからには、大金を稼げなければ意味を成しません。
 今回は、そんな悪徳経営者に焦点を当てみたいと思います。
果たして彼らは、優れた経営者なのか?
もし優れていたなら、何故、ワイルド7に負けたのか?
一緒に探ってみましょう。 続きを読む

2015 年 3 月 10 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

プロのアシスタント集団!!

望月マニ也

ob_tittle初の投稿になります。
たまに掲示板に008で書き込んでおりました、おばちゃんと申します。
今回はつたない文章ですがお付き合いの程よろしくお願いします。

最初漫画家さんはアイドルのごとく雲の上の人だと思っており、住む世界も別だと思っていました。
新宿で開催された「望月三起也のすべて」の時に初めて有名人、しかも望月先生にお会いし、写真も撮ってもらい楽しい時間をすごさせていただきました。

それから何年か後・・・ 続きを読む

2015 年 2 月 7 日   固定リンク   |   トラックバック(2)

イベントレポート「W7発売記念サイン会」

望月マニ也

0025677M2014年11月29日(土)14時より東京神保町の書泉グランデ2階に於いて、望月三起也先生の「W7」の発売を記念してサイン会が行われました。

月刊望月三起也の掲示板に10月23日にサイン会があると事務局より書き込みがあってワクワクしながら書泉のHPをクリックし勇んで参加についての文章を読み上げるとサイン会には参加券が必要だと分かり11月16日(日)10時より書泉グランデ2階にて配布されるとの事でした。 続きを読む

2015 年 1 月 4 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

「ワイルドセブン」への思い
~いま振り返ってみて

望月マニ也

gh_tittle作品を読んだ時代、年齢によって心に残る部分が異なる。読み返すたびに新しい発見がある・・・。僕にとって「ワイルドセブン」はまさにそのような作品です。

初めて「ワイルドセブン」に出会ったのは小学校低学年時代に放映していたテレビ番組で、その後原作コミックを友人たちと貸し借りして読んでいました。当時惹かれたのは、両国と彼のサイドカー。ロケットランチャー(迫撃砲なのでしょうか?)の派手なアクションと、子供にも親しみやすいキャラクターが魅力的で、飛葉ちゃんやヘボピーとの掛け合いがとても楽しかったと記憶しています。

その後、中学生時代に再び「ワイルドセブン」にハマることになります。 続きを読む

2014 年 12 月 9 日   固定リンク   |   トラックバック(1)

語っても語りつくせないワイルド7の魅力、先生の魅力

望月マニ也

kentaro_tittle中学生になってしばらくたった頃でした。従兄の家に遊びに行きましたら、「ワイルド7」のヒットコミックスが数巻置いてありました。手にして読み始めました。読み進めていくうちに、作品の魅力・面白さにぐいぐいと惹きつけられ、どんどんはまっていったのです。この時から、望月三起也先生の大ファンになりました。次々にヒットコミックスを集めていきました。 続きを読む

2014 年 11 月 6 日   固定リンク   |   トラックバック(1)