>> if ($admin_flg == 1){ echo $DEF_TITLE." 承認画面"; }else{ // 20050502 ----------------------------------------------<<< if ($DEF_TITLE_IMAGE_FLG != "1"){ echo $DEF_TITLE; }else{ echo ""; } // 20050502 ---------------------------------------------->>> } // 20050502 ----------------------------------------------<<< ?> RSS 1.0
count:  携帯に当掲示板のURLを送る     [管理画面]
0){ ?>
  ヤングキング19号(東本昌平)
[Mail] [Web] [返信]
No.090508170356503551.1.1.1    09/08/31(Mon) 02:11   by  ワイルド7の血脈 (EM114-48-139-105.pool.e-mobile.ne.jp) [承認] [変更] [削除]
>> if ($DEF_TAKABBS_IMAGE_TYPE == "1"){ ?> ", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< ?> >> } // 20050211 ------------------------------------------------------------------<<< ?>
", $image); // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $array_image_org = explode("<>", $image_org); $j = 0; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< foreach($array_image as $val){ $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ echo "
"; // 20060819----------------------------------------------------------------->>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } } ?> 【 朝からヤングキング 】への返信

いよいよ、9月14日(月)発売の19号から
ワイルド7トリビュート!開始されるようです。

付録やその他ついて期待できそうです。

民主党の圧勝。
政権交代がようやくなったわけですが、これからが問題なのだろうと思います。


短編の魅力もあるのですが、ワイルド7って、中篇で
コミック2冊で、前編・後編になっていたり、その長さにも魅力があったように思います。
現在では、やたらに長期連載があちらこちらにあって、
ワイルド7の全48巻も長いものと考えられないものとなっているのですが、
それ以上に、小品として、前編・後編くらいに区分けされていたのが他に見受けられない魅力となっていたかなと振り返ります。
長すぎる事もなく短すぎる事もくどくなることもなくあっと言う間に読み通させるものもありました。

ゴルゴ13のような短編を中心に量産される作品も良いのですが、
一線を画していたかなと僕は感じていました。

劇画と言う言葉を望月三起也先生が嫌っていたと言う出典がどこにあったのか気になっています。
さいとうたかを先生は、「劇画工房」などなどの出身でしょうし、
一方は、ガロ系など水木しげる、白土三平先生など思想色の強い一時期の
流れもあったものから古い区分けとしてもあるように思います。

手塚治虫先生が、劇画と言う言葉をどう位置づけていたかは、興味あります。



ワイルド7の魅力は、ガンアクションやバイクの方に偏りがちですが、
僕として、他の秀作と同じく
時代との対話があり、その時代を縦断しているリアルな描写に惹かれています。
時代が、読みづらくなった現代に対して、原点的に
初期ワイルド7の苦闘と時代背景が今こそ研究に値しているのではないかと考えています。

現代において、「カムイ外伝」が、映画として、復活する意味も同じ意味があると考えています。



ワイルド7以外のオススメ作品は、月刊望月三起也の本編の方で、紹介されています。


突撃ラーメンとかはだしの巨人なんかかなりお気に入りだったかな。



こんな感じで、走り書きですが。

>> /// $image_w = ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S) ? $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S : $buff_image_w; if ($buff_image_w > $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S){ $image_w = $DEF_MAX_IMAGE_SIZE_S; $img_src = "s_".$val; if (!file_exists($DEF_TAKABBS_ENTRY_PATH."attached/".$img_src)){ $img_src = $val; } }else{ $image_w = $buff_image_w; $img_src = $val; } // 20050507 ------------------------------------------------------------------<<< $extention = substr(strrchr($val, "."), 1); if ((ereg("[pP][nN][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE][gG]",$extention))||(ereg("[jJ][pP][eE]",$extention))||(ereg("[gG][iI][fF]",$extention))){ ?>
" width="" border="1">
>> }else{ echo "".str_replace("_".$val,"",$array_image_org[$j])."
"; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } // 20060819----------------------------------------------------------------->>> $j++; // 20060819-----------------------------------------------------------------<<< } ?>
【 朝からヤングキング 】への返信

いよいよ、9月14日(月)発売の19号から
ワイルド7トリビュート!開始されるようです。

付録やその他ついて期待できそうです。

民主党の圧勝。
政権交代がようやくなったわけですが、これからが問題なのだろうと思います。


短編の魅力もあるのですが、ワイルド7って、中篇で
コミック2冊で、前編・後編になっていたり、その長さにも魅力があったように思います。
現在では、やたらに長期連載があちらこちらにあって、
ワイルド7の全48巻も長いものと考えられないものとなっているのですが、
それ以上に、小品として、前編・後編くらいに区分けされていたのが他に見受けられない魅力となっていたかなと振り返ります。
長すぎる事もなく短すぎる事もくどくなることもなくあっと言う間に読み通させるものもありました。

ゴルゴ13のような短編を中心に量産される作品も良いのですが、
一線を画していたかなと僕は感じていました。

劇画と言う言葉を望月三起也先生が嫌っていたと言う出典がどこにあったのか気になっています。
さいとうたかを先生は、「劇画工房」などなどの出身でしょうし、
一方は、ガロ系など水木しげる、白土三平先生など思想色の強い一時期の
流れもあったものから古い区分けとしてもあるように思います。

手塚治虫先生が、劇画と言う言葉をどう位置づけていたかは、興味あります。



ワイルド7の魅力は、ガンアクションやバイクの方に偏りがちですが、
僕として、他の秀作と同じく
時代との対話があり、その時代を縦断しているリアルな描写に惹かれています。
時代が、読みづらくなった現代に対して、原点的に
初期ワイルド7の苦闘と時代背景が今こそ研究に値しているのではないかと考えています。

現代において、「カムイ外伝」が、映画として、復活する意味も同じ意味があると考えています。



ワイルド7以外のオススメ作品は、月刊望月三起也の本編の方で、紹介されています。


突撃ラーメンとかはだしの巨人なんかかなりお気に入りだったかな。



こんな感じで、走り書きですが。

ただいま、記事はありません。