月刊望月三起也タイトル画像

特報! ワイルド7 1972 緑の墓 [生原稿ver.] 上・下 シリーズ 第3弾!

-(2017/11/09更新)-
上巻発売日決定! 11月24日発売開始!
-(2017/09/17更新)-

いよいよシリーズ 第3弾!! ワイルド7 1972 緑の墓 [生原稿ver.] 上・下が登場!
 上巻 11月24日発売開始!(一部地域誤差あり)

望月三起也先生 追悼記念出版第四弾!!

好評[生原稿ver.]シリーズ・第3弾は、多くのファンの支持する初期の長編傑作エピソード『緑の墓』(1972年)。
700ページを超える大作が上下巻で登場だ!
生きて帰れぬ巨大私設刑務所“緑の墓”に展開する大バトルアクション巨編!!
完全復刻!!

連載中に日本テレビ系でTVドラマ化、放送スタート。
TVドラマではトップモデルガンメーカーだったMGCの全面協力もあり、本邦初リアルなGunアクションを見ることが出来、一気にワイルド7の名も知れ渡ることとなった。


タイトル:ワイルド7 1972 緑の墓 [生原稿ver.] 上・下
出 版 社:復刊ドットコム
サ イ ズ:B5版(182×257)
ページ数:700ページ超(上下)
発売日:上巻 2017/11/24
(地域によっては諸事情により2~3日の誤差が生じることがあります。ご了承ください。)
下巻 2018/01/中旬予定

◆復刊ドットコム社にて『ワイルド7 1972 緑の墓[生原稿ver.] 上・下』を一括購入すると、ワイルド7エンブレム(赤いバッファロー・マーク)をデザインした特製ステッカー(非売品)をプレゼント。(配送方法は「分割配送」「まとめて配送」のいずれも可)

◆本作では“オヤブン”を初クローズアップ、彼の活躍も見逃せない。
ある囚人護送を命じられたワイルド7、その中にはオヤブンの恩人、一寸釘の丸蔵大親分もいた。
護送先は一度入ったら生きては出られぬという恐怖の私設刑務所“緑の墓”。周囲10キロ四方を草原に囲まれた、巨大要塞のごときこの刑務所は、電流鉄条網や地雷原が設置され、餓えたヒョウとヒヒを放し飼い、さらには刑務官が戦車で脱走者を追跡し問答無用で処刑するという、おそるべき監獄。
恩人を守るため、飛葉に逆らい護送任務から離脱するオヤブン。一方、幹部の奪還を目論む過激派・紅軍団の計略にはまり、飛葉・ヘボピー・両国は“緑の墓”に囚われる。
はたして彼らは、この生き地獄から脱出できるのか…!?


◆見どころは、ミリタリー・マニアの望月先生の面目躍如、ドイツ軍の戦車・軍用車両が誌面狭しと暴れまわる戦闘シーン。3号戦車、重装甲車、ハーフトラック、3号突撃砲戦車、ヘッツァー38式軽駆逐戦車、マーダー3対戦車自走砲など、いつもにまして気合いの入ったペンタッチで、重量感ある爆破・砲撃・激突シーンが連続し、まさに迫力満点!
もちろん、ワイルド7の売りであるバイク・アクションもハードに展開。八百のバイクの特殊装備、垂直の壁を登攀する、通称ヤモリがフル稼働、ワイルド7初の女性メンバーとして本エピソードより本格参戦のユキも、後半鮮やかなバイク騎乗とガン捌き、そしてお色気で読者を魅了する。
社会から隔絶された陸の孤島で繰り広げられる壮絶アクションを、連載時と同じB5判フルサイズの大型誌面でご堪能下さい!!

◆今回も、貴重な生原稿をそのまま印刷した究極のリアル仕様。スミベタの濃淡、望月先生自筆による鉛筆の描き込みやページノンブル、コマ枠指定のピンホール跡、ホワイト修正跡、写植文字の貼り跡などに至るまで徹底再現。迫力のカラーページも、生原稿を使用して鮮烈に再現。連載時の扉絵ギャラリーや詳細な図説も収録し、作品の全体像を初再現。
しかも、当時『少年キング』の増刊号(1973年3月18日増刊)に「緑の墓」が部分収録された際に、特別着彩された超レアなカラーページ(6P)を、下巻に、初の復刻再録!
「これでもか!!」という徹底仕様にて、読者のハートを撃ち抜く本シリーズ。700ページ超の上下巻でご堪能ください!!

【注】本作品「緑の墓」のオリジナル原稿には、一部に状態の良くない箇所があるため、該当ページに限り、原稿をベースに既存の印刷物からの部分的なコラージュ&レストア(修復)しての制作となりますので、あらかじめご了承下さい。

詳細はこちら。
復刊ドットコム 『ワイルド7 1972 緑の墓 [生原稿ver.] 上・下』



2017 年 11 月 7 日   固定リンク   |   トラックバック(0)


コメント


トラックバックURL


表紙 » 事務局からのお知らせ