月刊望月三起也タイトル画像
コラム:言いたい放題

第70回

楽しんでます。

執筆者:   2014 年 7 月 8 日

IMGP0413_001いやァ、いいタイミングで間に合った。
ワールドカップ、ほぼ毎試合押さえて観たい私としてはもう仕事どころじゃない。
私の友人の中には4年に一度、会社を替えるってのがいる。大会中、会社を1ヶ月休んで観に行くから、「休ませて」と会社に言うと大概クビにされる。そこでその友人は、替えたくはないけど優先順位がワールドカップだから止むを得ず、大会終了帰国後、新たな会社へ移り、4年後にまた同じことの繰り返し。尊敬する!本当のサッカーファンだ!
日本代表の敗戦が決まったらワールドカップが終わったような見方は代表のファンであって、サッカーファンじゃないね。

IMGP0412_007ところで今のレベルの代表に過剰な期待はできない。ベスト16へ行けたら、そりゃ私だって嬉しい。でも運が60%以上必要な今の代表の実力はそんなもんです。海外組が増えたといっても、その所属チームでベンチに座ってることの方が多い実力ですから。
ひとり、長友(佑都)は堂々の実力を備えた一流ですが、サッカーは11人でやるもの、1人じゃねぇ。このクラスが11人揃ったとき、決勝トーナメントに行けなかったらブーイングしましょう。今はまだワールドカップと言う世界の大舞台の一試合々を楽しむ。そんなところだね。

今大会はゴールキーパーの神憑り的セーブが見どころだね。メキシコもブラジル、ドイツも。
特にドイツはまるで守備要員がひとり増えたようにゴールから離れて前方でボールカットしたり、もうそういう見どころはネイマールミューラー等々のフォワードに負けないエキサイティングな見せ場を作ってくれます、M・ノイアー

予想通り、ドイツとブラジルが残ってくれて楽しみが続いてくれてます。
74年ドイツ大会以来のドイツファンとしては、背番号13のミューラー(ゲルト・ミューラー)で優勝した74年大会同様、今回も背番号13のミューラー(トーマス・ミューラー)の活躍。これ、何かのジンクスか?ジンクス担げばドイツの優勝なんですが・・・・・ と、呑気に毎試合たっぷりと楽しめています。
これも7ヶ月も掛かった『W7』(eBook「KATANA」)がワールドカップ開催に滑り込みで完成、今は余裕で観戦一筋ってわけなんです。担当の奥氏も大のサッカーファンだけにホッとしていることでしょう。何しろ録画嫌いで、早起きして観るって言うンだからサラリーマンは大変だ。私みたいに勝手に寝る時間をズラせないもんねぇ。IMGP0398_002

ガーン!!
ここまで書いてきて、ブラジル対コロンビア戦観た。なんとネイマール(ブラジル)、背後から膝蹴りを喰らうとは。
瞬間、「やった!!」と感じました。
膝の入った部分、腰椎の4~5番辺りに見えたンです。ここは強打するだけで動けないし、ましてやあの勢い、骨にひびでも入ったかも・・・・・ で、ネイマールはそのまま動けず。いや、身体の他部分を少し動かしても患部に響いて激痛なんです。腰のダメージ、私の予想と違い、発表では第3腰椎の骨折とか。しかしほぼ私の予想通り。
実は私、今も腰痛で悩んでいます。それがネイマールと同じような部位、神経が圧迫され痛みの来る病を持ってますんで、そのあたりチョイと詳しくなってます。つまりこの部位は身体の中心、アルファベット『X』のちょうど交わる部分、真ん中。だから身体のどこを動かそうと必ず患部に響くのですよ。それも激痛が雷のように襲って来る。IMGP0405_005 とても2~3日で治るもんじゃない。大会期間中の再出場はほぼ絶望的、全治4週間って発表です。
私のワールドカップ観戦史上、最大の悲劇ですよ。

今大会の私の予想、優勝はドイツ。二番手がブラジル。その両者の戦いが最大の見せ場・・・・・ 好勝負をどれほど楽しみにしていたか。ネイマール抜きのブラジル、スパイク履かず裸足でボールを蹴るような試合になるような・・・・ まったく違うチームになるような気もします。残念。
過去のワールドカップではペレ(ブラジル)がデビューした大会で、そのペレの足を狙ったファール覚悟のスライディングを執拗に受けたペレはついに負傷してしまった。
ペレ以来の大物と言われても、こんなことまで同じような歴史として繰り返すなんて、ネイマール、同情します。

ひとつ、加害者といいたい選手、サッカーをやってほしい!
ファールもプロだから、という言い方もあるけれど、背後からのチャージは予測が出来ない、ダメージ軽くするという技も使えない。レフリーもまたこのファール、オフサイドと同じ程度のファールと捉えたのか?同じファールでも違う、どう見ても違う。加害者の選手、国を背負って戦う重圧に冷静さ失っていたのだとは思うけど、そこをコントロールできてプロ、国の代表なんです。
この歴史的ファール、何億のサッカーファンを失望させたことか。
こういうこと、二度とあってはならないと思うのです。

ネイマールの一日も早い回復、復活を願っています。

 

 

※写真は、ある日のヨコハマ

 

 

 

 

 

 



  固定リンク   |   トラックバック(2)


コメント/トラックバック

  • 荘雲水 :
    サッカーに対して愛情に共感しております。決勝戦を前にコメントを書くのも大変に気が引けるのですが、サッカーを楽しく観戦させていただくファンとして世界が大きいのだとを感じて欲しいと願っております。負けると監督・選手にバッシング、選手も自分はこんなものでは無いと言い訳>>してほしくありません。ワールドカップという大きな舞台で満足のできるプレーをし満悦していただきたいと願います。勝っても、どんな負け方をしても、自分達はベストを尽くしたと胸を張って表現をしていただきたい。(尽くしていないのであればもっと練習にはげめ!試合後には言い訳をするな)今回のワールドカップは各国のキーパーが凄いので感激しております。先生もお体をお大事ねしてください。
  • 1FC蹴るん :
    図々see以来のファンです。
    今回のアルゼンチンは86年というよりは90年のアルゼンチンに近いのではとずっと思っていたのですが、結果はその通りになりました。しかし決勝のメッシ以外の選手の頑張りには驚かされました。もし今のメッシが90年のマラドーナなら、4年後は想像するのが怖いのですが…
    ドイツが強いと個人的には非常にうれしいです。世代的にドイツ、リヴァプール、ACミランの全盛期にサッカーにはまったので。
    先生のコラム大好きです。三菱重工を応援していたのも先生の影響でした。(福田選手の引退試合以来、今は地元のベガルタ仙台一筋ですが)
    女子サッカーの普及にご尽力されていた先生が、昨今のなでしこの活躍にどれほどお喜びかと勝手に想像しています。
    ながなが失礼しました。ますますお元気でご活躍ください。

コメント


トラックバックURL


表紙 » コラム:言いたい放題