月刊望月三起也タイトル画像

作品紹介


新・最前線 ワンプカプカ

作品紹介

w00太平洋戦争が始まった1941年、連合軍は真珠湾攻撃をした日本軍がまずハワイに上陸して来ると考え、もし攻めて来た場合に日本軍とアメリカ国籍を持っている「日系二世」と区別がつかないのではないかと懸念し、徴兵制を理由に日系二世の高校生たちをアメリカ本土へ送還しました。

そして作られたのが、「ハワイ出身の日系二世だけで編成された部隊」つまり「第100歩兵大隊(ワンプカプカ)」でした。

『ワンプカプカ』の意味はハワイ語で「ワン」は「1」、「プカ」は「穴」または「ゼロ」、「100」だから『ワン(1)プカ(0)プカ(0)』という事です。 続きを読む

2016 年 3 月 13 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

凹山凸兵衛

作品紹介

bd02Kenさんが以前作成された望月先生の『作品リスト』を見ていますと沢山の読み切り作品があるのに気付きます。

それら読み切り作品の大半がコミックス未収録になっており、掲載雑誌でしか未だに読む事が出来なかったりするので、そういった未収録作品を収集している方も多いのではないか?と思います。

そういうワタクシも古い雑誌を扱っている様な古書店に行ってはチェックを怠ってはいません。ある時、偶然にも望月先生の雑誌の切抜きを数編まとめた物を古書店で見つけ購入しました。

その中には以前izizさんが紹介していた作品もありましたが、今回は【超】の付く異色作、『凹山凸兵衛』を紹介したいと思います。

読み方は『ぼこやまでこべえ』でいいのかな? 続きを読む

2016 年 1 月 8 日   固定リンク   |   トラックバック(2)

THE ART OF MIKIYA MOCHIZUKI

作品紹介

artof_001これから、「THE ART OF MIKIYA MOCHIZUKI」(特別限定版 望月三起也アート集大成)をご紹介いたします。
 このイラスト集は、1冊目好評につき、続けて今度は徳間書店から、昭和63年1月20日に第一刷が発行されました。
内容は、ILLUSTRATION・3-D FIGURES・名場面紹介・ワイルド7グッズ・GUNギャラリー等で構成されています。 続きを読む

2015 年 12 月 10 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

三丁目のサラダ27番地

作品紹介

27-01これからご紹介いたします『三丁目のサラダ27番地』のお話の前に、第一作目『三丁目のサラダ』について簡単にご説明したいと思います。

舞台となる『三丁目警察署』は、全国でも珍しい私有地内に立地している警察署で、オーナーは隣接する『スナック花園』を経営している通称《サラダ》です。

身長は2m近くあるでしょうか?俗に“アマゾネス”とも呼ばれていたりします。

彼女は決して警察官ではないのですが、時たま三丁目署の面々と行動を共にして悪を懲らしめてご町内の安全を守っている様です。彼女は正に弱気を助け強気を挫く正義のスーパーレディなのです。 続きを読む

2015 年 10 月 9 日   固定リンク   |   トラックバック(1)

白い罠

作品紹介

swn01======================================================
昨年末『FURY』という映画を観に行ってきました。いつもならレンタルになるまで待って、わざわざ映画館まで足を運ぶ事はないのですが、この映画に本物の「タイガーⅠ」が出ているというので、どうしても大画面で観たくて仕事帰りに行ってきました。

それも私が以前『緑の墓』の作品紹介の中で書いた「ボービントン戦車博物館」が所蔵する世界に唯一現存する可動するタイガーⅠだというじゃありませんか!まさか映画でタイガーⅠの勇姿を見れるとは思っていませんでしたので、観る前からとても楽しみでした。

映画の内容は、第二次世界大戦末期のヨーロッパ戦線、連合軍はベルリンを目指して一路進撃。ドイツ軍もおいそれとは進ませてくれない。立ちはだかるタイガーⅠ、SS親衛隊、迎え撃つシャーマン戦車隊、はたして戦局の行方は? 続きを読む

2015 年 8 月 4 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

谷間のユリは鐘に散る

作品紹介

ty001この「谷間のユリは鐘に散る」の冒頭の扉絵は、1973年5月14日号の少年キングの『ワイルド7』のものです。多分想像するに当時このページを見たファンは全員叫び声をあげて腰を抜かしたでしょうね。

なぜって、ハードボイルドアクション漫画の金字塔と当時言われていた作品の扉絵に少女漫画の主人公のような少女が登場したのですから…。

『血と情熱のラブロマン愛の32ページ!』

事件に疲れたワイルド達の心をそっとしてくれるのは、谷間に咲く可憐な一輪のユリ…。なんて、こんな煽り文句と扉絵をまず見たらびっくりして、私だったら腰抜かしちゃいます!!

しかも最初に目に飛び込んできたのは、少女漫画に出てきそうな少女の全身像!ご丁寧にバラの花まで描いてある☆#△※!? 続きを読む

2015 年 7 月 6 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

リング99

作品紹介

File0001私が望月作品に嵌ったきっかけは、中学生の頃に書店で目にした『ワイルド7』でした。「そういや昔テレビでやってたっけ?どんな作品だったのかな?」と軽い気持ちで本を手にしたところ、冒頭でいきなりショットガンをぶっ放し悪党を退治するシーンに脳天ぶち抜かれ、思わず即買い。

次の日から昼飯代を本代に充てて1日1冊ずつ揃えていったのですが、続きの待ち遠しかったこと。まぁ、10年近くの連載期間中、毎週続きを心待ちにしていたリアルタイムの読者の方々に比べれば、はるかにマシですが。

ちょうどこの頃、エアーガンに興味を持った時期でもあったので『ワイルド7』や『四つ葉のマック』の影響で買ったレミントンやウィルディを手にしてサバイバルゲームで遊んだのは、今となっては実に懐かしい思い出です。

ところで『ウォリアーズ』の様なメーキャップをした巨漢が派手なアクションをする『リング99』という作品をご存知でしょうか? 続きを読む

2015 年 6 月 6 日   固定リンク   |   トラックバック(1)

ジャパッシュ

作品紹介

JAPASH_tittleアレクサンダー
アッチラ
ジンギスカン
ナポレオン
ヒットラー


そして……ジャパッシュ!
それは世界の征服者。 続きを読む

2015 年 5 月 5 日   固定リンク   |   トラックバック(1)

『狂い犬/マッドドッグ』VS『Jドール』

作品紹介

mj001r1960年代を代表するヒーローの『狂い犬/マッドドッグ』と、1980年代を代表する『Jドール』。どちらも望月先生が創造した漫画の主人公です。

あっ!1970年代のヒーローと言えば誰がなんといっても『ワイルド7』の飛葉ちゃんですけどね! 続きを読む

2015 年 4 月 5 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

宇宙ハンター55

作品紹介

55_01少年画報社の「ワイルド7」コミックには付録として短編がいくつか納められていて、「宇宙ハンター55」はその中の一編です。
収録されているのは第16巻「緑の墓」の後編。
「緑の墓」連載時は私がリアルタイムで少年キングを読んでいる頃で、確か小学校の高学年だったと記憶しています。
その時代の多くの少年同様、プラモデル作りに夢中になり、学校から帰ると近所のおもちゃ屋でレベルの1/72の戦闘機を一機買って作るのが日課でした。 続きを読む

2015 年 3 月 10 日   固定リンク   |   トラックバック(0)