月刊望月三起也タイトル画像
コラム:言いたい放題

第54回

ミュージカル?

執筆者:   2013 年 3 月 7 日


オスカーの作品賞を獲ったのは『アルゴ』でしたねぇ。
本命は『レ・ミゼラブル』じゃないかと、日本の映画関係者は予想していたようですが。まァ、アルゴを観ていないから判りませんが、私としてはレ・ミゼラブル、退屈な映画でしたね。
もうそろそろ公開が終わるってころに劇場へ足を運んだので、半分も観客が入っていればいいと思っていたのに、八割方、埋めてるじゃないですか。近頃になく観客動員した作品だったとか。
一応、そういう話を聞くと、どこがウケたか、参考までに観に行った私でしたが、理解できなかったなァ。

今までにレ・ミゼラブルは4本観ています。原作は好きなんです。
ジャン・ギャバンからジャン・ポール・べルモント等々、クセのある役者が主役の映画。さらに負けずにジャベール警視って仇役
もそれぞれの映画でその時代の一流の悪役を使ってます。今回も一捻りして、本来なら主役敵役逆じゃないかって配役は中々でした。が、ミュージカル仕立てってのが、多分オンチの私にはウケなかったのかも。
実のところ、ミュージカルは大好きな私ですが、歌劇ってパターンより、歌って踊ってのミュージカルが好きなんで、歌うシーンが長いとそれだけでテンポが止まってアクビが出てしまう。これ、私向きじゃないんですね。
カラオケ嫌いのオンチなもんで、スケール感としては闘いのシーンでのバリケードの幅も高さも中々見せてくれましたし、当然ヘタな映画なんかよりアン・ハサウェイの出るシーンなんか迫力ある歌いっぷりといい、それもまた見せ場ではあるんですが、私としてはテンポ重視、映画全体としては、そうは感心しなかったわけで、大当たり獲った理由がイマイチ理解の外ってことで、ちょっと書いてみました。























  固定リンク   |   トラックバック(0)


コメント


トラックバックURL


表紙 » コラム:言いたい放題