月刊望月三起也タイトル画像
コラム:言いたい放題

第59回

思うこと・・・・・

執筆者:   2013 年 8 月 5 日

East Asian Football Championship_05ほぼ守備に80%回ってた東アジアカップでの日韓戦。
決定力のなさに救われ、決定力がいかに大切か証明した。

柿谷(曜一朗)、これはハナが効くところがいい
代表デビュー戦で3得点はゴールの臭いを嗅ぎ分ける鼻を持っているってことだね。特に韓国戦では1点目の飛び出しのタイミング、背後から、今ボールが来ると信じてダッシュに掛かる、その“今”を感じるところ。当然、ボールの出し手との呼吸ってものもあるが、その先が一番肝心で、ボール貰ってもシュート外せばただの人、ここで決めるのがフォワード(以下FW)って役。East Asian Football Championship_03
韓国戦2点目、原口(元気)のシュートのこぼれ球を決める。これがFW。こぼれて来る“だろう”って臭いを嗅ぎ分ける、これですよ。FWはでかい、小さいじゃない。鼻が利くか利かないかですねぇ。ある意味、キャリアじゃなく本能でしょう。そういう見方すると柿谷には、次の海外組み合流チームのFWをやらせてみたい!!
二番手に原口と斉藤(学)のドリブル突破が見たい。
豊田(陽平)はディフェンス(以下DF)にまで存在感みせてるって評価わかるけど、“鼻”ですねぇ。まだ代表の臭いを嗅ぎ分けてないとみた。

East Asian Football Championship_04そのFWを生かすミッドフィルダー(以下MF)に山田(大記)を入れてみたいね。この選手は人を生かすことを知っている。生かされる側が所属のジュビロ磐田の場合決定力に欠けるけど、代表でなら香川だ、岡崎だってところへ配球のホットラインができるはず。
と、なると今の代表のシュート数、増えるとみているんですがね。

残念なのは国内組とはいえDFが弱いこと。
これザックさんの人選なのか、コーチ力の不足なのか、もう少し気を使って、失点防ぐ技、教えて欲しいねぇ。人材不足と言ってしまえばそれまで、長友ほど「天下のDF」てのは他に見当たらない現在ですけど、今のDFを選考したのはザックさんなんだから、そこはしっかりまとめて失点少なくするのが仕事でしょ。
もちろん3バックだ、5バックだって、数字で守れるわけじゃない、11人で守備するのが当たり前。だからその辺り、ザックさんの腕なわけで、もう少し守備に気を使って欲しいわけですよ。
ここ一年、なんか点を入れてもすぐに入れ返されちまう試合、多いこと。ファンとしちゃ、「ラスト30秒でも勝てるの?本当に?」って不安抱えて観てるってスリルあり過ぎ、胃にも悪い。胡坐かいてふんぞり返って「どうだ、日本代表、強ぇだろ!」って態度で観戦させてくださいよ、ザックさん。

同じ国内組でも代表選手が選ばれなかった横浜Fマリノスセレッソ大阪の選手の活躍。マンチェスターユナイテッド(以下マンU)相手に「勝ち」に「分け」・・・・・ 凄い??!
手放しで喜んじゃいけない、あくまで親善試合。サッカー界では公式戦とは明らかに違うのです。親善試合はあくまで興行で多くの観客を入れることが目標であり、次はチーム作りのテスト。同時に選手には観光旅行って面もある。そういうマンUとイングランド・プレミアリーグを戦うマンUとは天と地の違いがある。公式戦前日、前々日辺りに夜の街へ呑みに行くなんて有り得ないくらい気を使うンです。
前に書いたように、来日するチームにとっては息抜きでもあるから観光って面もあるわけで、その楽しさ含めての遠征なんですねぇ。選手もそれを判っているからプレーも怪我をしないこと第一、その中で来期のスタメン(レギュラー)取りのアピールって目線の戦い方するわけで、監督も勝負より自分の方針がどれだけ選手に伝わっているかを見ている最中なわけ。そこんとこ判っての上で、親善試合を楽しんで欲しいわけですよ。
決して東アジアカップに出た選手と同じ土俵の上で比べないでください。
ただ少しの違いは、マリノスもセレッソも日本チームは全力で戦ってた、それが遠征チームとの差。日本人選手の良さ、手抜きはしないってことは事実です。

さァて、景気の悪いのは女子の方。昨年から実力横ばい、って言うか下降線グラフって気もするEast Asian Football Championship_02
FW、永里(亜紗乃)から大儀見(優季)に変わって大幅に変化、点を取るようになったこと、目立つンですが、一番点を取っていたのはドイツでの所属チーム「ポツダム」で、ドイツ・ブンデスリーガで得点女王にまでなったのに、日本代表じゃその実力出せていません。ボールが来なけりゃシュート、打てませんからからねぇ。さらに言えば近賀(ゆかり)鮫島(彩)矢野(喬子)澤(穂希)の姿が見えなくなってついに韓国にも敗れるって、新戦力が育ってないんですねぇ。
この先、もっと危機感とボール持つ時間、長くしようね。

もっともボールのキープ率より敵ゴールへ放つ時間と回数を増やすことか・・・・・
いや、そういう数字じゃなく、上品にパス回しして「女性版バルサ」なんて言われて、ちょい得意になってないかい?
「パス、こっちにくださらない?」って走りより、「今、出さんかい!!」と、汚い言葉遣いのような・・・・・ 口に出さず、態度、プレーは、そうあって欲しいねぇ・・・・・






  固定リンク   |   トラックバック(0)


コメント


トラックバックURL


表紙 » コラム:言いたい放題