月刊望月三起也タイトル画像
コラム:言いたい放題

第51回

世の中、広いようで狭い。

執筆者:   2012 年 12 月 9 日


米子って寒いですねぇ、カニが美味かったァ。
松葉ガニ、現地で食べるとまた別格の美味さ、寒さも味の内でしょうか?

ご存知、マンガサミット鳥取が米子で行われました。 で、行ったワケ‥‥‥ じゃ、ないんで私。
映画祭ってものが同時に開催されてまして、米子映画事変。こちらの用で米子へ。
なんでって? 今、ちょっとした企画がありまして、その関係者となる監督さんの映画が上映されることとなり、その際のトークショーなんてもので担ぎ出され、同時にサイン会なんぞもやって参りました。  ・・・・・って訳。

驚いたのはこの期間、マンガサミットでは東南アジアからのビジター、更にファン。米子映画事変での映画関係者とまァ、一気に色々な人々が米子に押し寄せ、宿が大変取り難かったってこと。
マンガサミットのパーティ会場でもあった全日空ホテルなんてとんでもない、キャンセル待ちでも無理。 で、映画関係者が取ってくれたホテルへ落ち着いたのですが、そこでマンガサミットにゲストとして来ている土山しげるクンへ連絡の電話を入れたンです。そう、お互い出発前から現地米子へ着いたら美味いものを喰いに行こう! と打ち合わせていたので、早速電話で待ち合わせ場所の話になり驚いたね。これがなんと同じホテルだったのですぞ。
こんなことってあるんだねぇ、マンガサミット関係の漫画家みなさんが同じホテルだったとは。
ちば(てつや)さん、里中(満智子)さんにも次々ロビーでぶつかるって始末、こんな偶然ってあるんですねぇ。市内にホテルの数、ビジネスホテルを入れたら何十件とあるのにねぇ。
で、私の担当はeBookの奥さん、その奥さんとはまったく別のホテル。
ぼやいてました奥さん。ホテルを手配するのが遅れて、もうそれなりのホテルはゼロ、「ビジネスホテルでも最低クラスなんですからァ」と。それほど一気に米子の人口増えてたんですねぇ、この時期。

さァ~て、その奥さん共々土山ジャンボが手配してくれた寿司屋さんに行きました。
「今日はせいこガニしか入らなくって・・・・・」と、女将さん。松葉ガニのメスを『せいこガニ』って言うンですが、「・・・・・しか」ってことはないでしょう、いやァ、なんとも美味。直径6cmほどの小ぶりの甲羅の中にミソ、かに子を捌いて詰め、その上に同じく捌いた脚をきれいに並べて供されるのですが、見た目もさすがは寿司屋さん、絵になってる。
別の日、都内の居酒屋で同じものを食べたのですが、味も見た目も半分ほどでしたね。やっぱり美味しく食べようと思ったら、遠くても現地です。松葉ガニは日本海です。
まァ、ジャンボ共々舌つづみの打ち続けですよ。その上このシーズン白イカもまたいける!!軽く塩ふっただけのこれのにぎりはたまりませんねぇ。追加!おかわり!!って、もう食道楽のふたり共、極楽の一夜でした。

そうそう、偶然というか驚いたのは、サイン会のときに「差し入れです」と蟹ミソを差し入れしてくれたファンの方いまして・・・・・
蟹ミソ?・・・・・ 2年前新宿でファンイベントをやったとき、遠くから来てくれた松本さん、なんと地元が米子、いや驚いた。他にも色々とおみやげいただいて、改めて御礼を!!
それにしてもこれもまた、偶然というか、意外な出逢いでしたねぇ。

世の中、広いようで狭い。

















  固定リンク   |   トラックバック(0)


コメント


トラックバックURL


表紙 » コラム:言いたい放題