月刊望月三起也タイトル画像

Takumi さんのプロフィール Feed

執筆者別バックナンバー

優しい鷲JJ

作品紹介

「優しい鷲JJ」の連載がはじまったのは1980年、私が高校生の時でした。ワイルド7の連載が終わってから一年あまり、久々のスパイアクション物の登場に毎回心踊らせながら連載を読んだものです。

奇しくも主人公のヒロも高校生のスパイという設定。平凡で冴えない自分(泣)との対極のカッコ良さに、憧れと、まるで同時代を共に過ごした友人のような親しみを持った作品なのです。

JAやワイルド7を継承しつつ独特の味わい
主人公の乗寺飛浪(ジョージ ヒロ)は、外国人に虐待されている日本人を救う政府の秘密組織「JJ機関」のメンバーでありながら、早稲田大学を狙う現役の高校生。直属の指令役である「赤い狐」の命を受け、参考書片手に(笑)危機に陥っている日本人がいれば、世界のどこでも24時間以内に駆けつけ、手段を問わず解決するという、まさに望月節全開の痛快アクション漫画です。

続きを読む

2013 年 7 月 6 日   固定リンク   |   トラックバック(0)

俺の新選組

作品紹介

前回のJUNさんよりご指名頂いちゃいました。
史実との比較をすっとばした私の思い込みだけの内容ですが、ひとつお付き合いのほどを。

“望月作品は初めて”という人にこそ勧めたい大傑作


もし、「数ある作品の中で、これから望月漫画に触れる人に最もお勧めな一品は?」と問われれば、私は迷わず『俺の新選組』と答える。
もちろん、「ワイルド7」や「最前線」「秘密探偵JA」といった、そうそうたる代表作も重要なのだが、新選組という誰もが知っているとっつきやすいテーマで、かつ全5巻(画報社版)という手頃な巻数でありながら望月ワールドの面白さやダイナミックさが高度に濃縮された大傑作だと思うからだ。 続きを読む

2009 年 4 月 1 日   固定リンク   |   トラックバック(0)