月刊望月三起也タイトル画像
望月マニ也

第90回

ワイルド総研 第二部
『チャーシュー(デカ)・オヤブン・ ヘボピー』

執筆者:   2015 年 10 月 9 日

11年に渡って連載された名作『ワイルド7』。その原理オリジナル作品のGunにテーマを絞り込んで考察する超絶マニアックレポートの第2弾!

w7labo2_tittle_2前回に引き続きワイルド7アナザーメンバーの愛用銃を三部構成で紹介します。
今回も付録として各話ごとに登場する銃器(拳銃~重機関銃)も纏めてみました。

それでは『ワイルド7総合銃器研究所』第二部。


【スタームルガーMK-I】
チャーシューも世界同様「コンクリートゲリラ」で愛銃判明=初発砲=殉職です。w7labo2_c01
当人は特に目立った活躍をする事も無く死亡してしまいますが、MK-Iは望月作品の中では超メジャーな拳銃です。
だって、飛葉は言うに及ばず「秘密探偵JA」の次郎や「優しい鷲JJ」の飛狼だって手にしていますから。
そして『デカ』へと引き継がれますが、「朝食に死を」では飛葉が両国から取り上げ二挺拳銃で撃ち捲った事もありました。
私的にはチャーシューの形見として両国が回収したのだと思いたいですね。
w7labo2_c02
W2-03ベースとしたのは、懐かしのエイダイグリップ社のターゲットモデル。プッシュコッキング式排莢エアーガン。
ラッキーにも完品が入手出来ました。

後出のマッチターゲットのような望月サイズを期待したのですが意外や意外、バレルがやや太いかな?
くらいで殆どリアルサイズでした。
W2-04レシーバー上に実銃には無い独特なリヴがあったのでそれを切り取りました。デザイン的なモノかと思ったら
ポルトに取り付けれているエジェクターの通り道でした。エジェクターの逃げ道を確保しつつ上部をABS版で埋め整形。
W2-05フロントサイトは当然、実銃より大きめにデフォルメしてあります。

流石に6インチバレルの侭ではでは長いと感じ5インチ程度に切り詰めました。
マルシンのガスガンから製作する手もありますが、その場合はバレルは自作する事になりますので、リアサイトがコレと同じアジャスタブルなのでブルバレルタイプの方を選びましょう。
まぁ、リアサイトを我慢してノーマルバレルタイプをベースとしてもバレルはマッチョなモノを削出さなくてはならないの一緒ですから、今回の作例の方が楽かも?

【コルト パイソン】
W2-06「コンクリートゲリラ」で飛葉におまえのガンを貸せと言われ陸式を投げ渡したオヤブンですが、
やはり、ダボシャツにワイルドの制服のパンツ&ブーツに腹巻、そしてパイソンが彼の正装?
メンバー唯一のリボルバー使いでもあります。そのパイソンの特徴は何と言ってもそびえ立つように高くディフォルメされたフロントサイトでしょう。
グリップは一番オーソドックスなサードモデルとしました。
w7labo2_c03_2w7labo2_c04
W2-09しかし時折、グリップがオールチェッカーのファーストモデルの場合もあります。

画像はMGCのヘビーウエイト樹脂のパイソンを鏡面に磨きガンブルーで染色する旭工房オリヂナルの
『スターライトブルー』と云う手法で仕上てあります。実銃パイソンのフィニッシュであるコルトロイヤルブルーを
再現しました。
W2-10ファーストモデルのパイソンならば、リアーサイトも初期型となる筈なので形状を直しました。
右がトイガンで良く見かけるタイプで、左が加工後です。シンプルなデザインです。
W2-116インチモデルが基本ですが、「誘拐の掟」では、軽井沢で行った入隊時の合宿訓練のシーンで4インチを初発砲しました。
「運命の七星」などでは6インチモデルですが、このグリップセカンドモデル(MGCの金属パイソンがそれ)。と思しきカットがあります。左右がアーシンメトリー(非対称)なのがこのグリップの特徴です。
W2-12「コンクリートゲリラ」では8インチを使用しました。意外にパイソンマニアで結構な数のパイソンをコレクションしているのかもしれません(笑)

【ウッズマンマッチターゲット】
力自慢のヘボピーの初シュートは、意外に遅く「緑の墓」でのマッチターゲットでした。w7labo2_c05
W2-14このマッチターゲットも飛葉のウッズマン同様にパイソンのリアサイト付でマガジンキャッチはボトム(下部)タイプが描かれます。
W2-15スライドを一度、平面に整形し2mm厚のABS板をはり、リアーサイトはパイソンのモノを装着しました。
W2-16
トリガー後方の元のマガジンキャッチは取り去りグリップ下部に新造したマガジンキャッチを取り付けています。
W2-17「超高層の対決」では丸腰の飛葉にヘボがマッチターゲットを手渡していました。
「運命の七星」でのモーゼルミリタリーの二挺拳銃はイメージとマッチし非常にカッコ良かった!
この作例はその昔、マスダヤから発売されていたツヅミ弾のプッシュコッキング式排莢をベースにしています。
チョイスの理由はMGCウッズマン(上)と比較すると一目瞭然、正にヘボピーサイズでしょっ!
W2-18同じようにリア-サイトは交換してあります。右が加工後。



・付録・登場銃器リスト/地獄の神話~魔像の十字路

使用されたと言う定義は「発砲または構えた」と手ににした事とし、ホルスターに入っているだけの状態の銃は不明な部分も多いので除外しました。
また基本的に表紙・扉絵類の銃も含めてありません。
敢えてカウントしなかった物もありますが、見落としもあるかも知れませんので、お気づきの点はご指摘ください。
抽象的な表現の銃は判別が難しい物です。用語解説としては「SMG=サブマシンガン」「SP=スペシャル」「ショットガン=散弾銃」「スポーター=狩猟及び競技用」「オートマチック=自動」等です。


[地獄の神話]
飛葉:ウッズマン(長銃身アタッチメント・二段式サイレンサー・シンプルサイレンサー)、ポンプアクションショットガン、M1カービン、パイソン6インチ、ワルサーPPK
ユキ:M1カービン、対戦車ライフル(ドカティ搭載)
:モーゼルミリタリー、コルトガバメント、コルトディティクティフSP、ニューナンブM60、エンフィールド、コルトM1917、トンプソンシカゴタイプ、トンプソンミリタリータイプ、シュマイザーMP40、ステンガン、ポンプアクションショットガン、ウインチェスターM73、M1カービン、FN FNC、ボルトアクションスポーターライフル(サイレンサー&スコープ付)、ホーワ ゴールデンベアーボルトアクションライフル(スコープ付)、M14パラトルーパー、 オートマチックライフル、MG34、ブローニングM1919軽機関銃、ブローニングM2重機関銃


[棺桶七つ]
飛葉:ウッズマン、ルガ―MK-I、S&Wミリタリー&ポリス、コルトM1917、コルトガバメント(エングレーブ入)
:ハイパト3.5インチ(サイレンサー付)、ルガーMK-1、コルトガバメント、水平二連ショットガン(切詰)、オートマチックショットガン 

[運命の七星]
飛葉:ウッズマン、コルトガバメント、ワルサーP38、パイソン6インチ、ベレッタピューマー、ルガ―MK-I、トンプソンシカゴタイプ
八百:ポンプアクションショットガン(モデルガン)、シュマイザーMP40
オヤブン:パイソン6インチ、PPsh、M16A1(及び同型モデルガン)
両国:ウェブリー、ブローニングM2重機関銃
ヘボピー:モーゼルミリタリー(モデルガン)M1カービン(銃身切詰
ユキ:オートマチックショットガン、シュマイザーMP40(モデルガン)、トンプソンシカゴタイプ
:ペッパーボックスガン、ブローニングM1900、エンフィールドスター、ルガ―MK-I、ベレッタピューマー、ベレッタM1934、ワルサーP38、モーゼルミリタリー、南部14年式、コルトガバメント、S&Wセンチニアル ディティクティブSP、S&W M19(6インチ)、S&Wコンバットオート、シュマイザーMP40、PPsh、AK47、オートマチックショットガン、ポンプアクションショットガン、水平二連ショットガン、水平二連ショットガン(銃身切詰)64式小銃、ボルトアクションスポーターライフル


[熱砂の帝王]
飛葉:ウッズマン(長銃身アタッチメント付)、レミントンM31RS、コルトライト二ング、シュマイザー、MP40、ウィンチェスターM73
:エンフィールド、コルトピースメーカーシビリアン、コルトライトニング、コルトウッズマン(銃身切詰)、S&Wコンバットオート、ルガ―MK-I、ルガーP08、モーゼルミリタリー、手製単発銃 灰スタンダード社スナッブノーズ、
シュマイザーMP40、フォルマーM1927(エルマEMP35)、ステンガン、M3グリースガン、トンプソンミリタリータイプ、スターリングSMG、M1カービン、M1カービン(銃身切詰)、水平二連ショットガン、水平二連ショットガン(銃身切詰)、ポンプアクションショットガン、オートマチックショットガン、ウインチェスターM73、ミリタリーボルトアクションライフル、ボルトアクションスポーターライフル、フリントロックライフル、アサルトライフル、リーエンフィールド小銃、MG42、ブレン軽機関銃、重機関銃

[超高層の対決]
飛葉:ウッズマンマッチターゲット、トンプソンミリタリータイプ(銃剣付)
:コルトウッズマン(銃身切詰)、S&Wマスターピース4インチ、S&W M19( 4インチ)、ワルサーP38、マグナム4インチリボルバー、トンプソンミリタリータイプ 

[朝食に死を]
飛葉:ウッズマン(穴あきサイレンサー)、レミントンM31RS、ルガーMK-I
八百/:陸式南部
オヤブン:パイソン6インチ
両国:ルガーMK-I
草波:ワルサーPPK
:コルトガバメント、オートマチックショットガン、バトルライフル


[灰になるまで]
飛葉:ウッズマン
オヤブン:パイソン6インチ
ヘボピー:オートマグ
:ブローニングM1910、モーゼルミリタリー、コルトガバメント、南部14年式、ブローニングハイパワー、M3グリースガン、KG99、M1カービン、M1カービン(切詰)、オートマチックショットガン、サブマシンガン、バトルライフル、パラトルーパータイプM14カスタム(スコープ&ランチャー付)、ボーガン


[ガラスの城]
飛葉:ウッズマン(44口径・サイレンサー付)、コルトディティクティブSP、オートマグ
オヤブン:パイソン6インチ、ユキ:シュマイザーMP40
女ワイルド:ウージー木スト付、スターリングSMG
:S&W M1917、コルトM1917、コルトガバメント、エンフィールド、S&Wハイパト3.5インチ、ベレッタピューマ、ブローニングM1910、S&Wコンバットオート、ワルサーPPK、ルガーP08、コルトディティクティブSP、オートマグ、ワルサーP38ゲシュタポ(サイレンサー付)、M1910(サイレンサー付)、モーゼルHSc(サイレンサー付)、ベレッタM1934(サイレンサー付)、ルガーP08、コルトピースメーカーキャバルリー(エングレーブ入)、スナッブノーズ、リボルバー、ステンガン


[魔像の十字路]
飛葉:ウッズマン(化粧品瓶型サイレンサー付)、レミントンM31RS、レミントンM870、パイソン6インチ、S&W系3.5インチマグナムリボルパー、Vz61スコーピオン
両国:ルガーMK-1
八百:陸式南部
オヤブン:パイソン6インチ
ヘボピー:モーゼルミリタリー(二挺拳銃)
ユキ:ルガーP08ネービーモデル、ワルサーP38、ルガーMK-1、対戦車ライフル(ドカティー搭載)
草波:ブローニングM1910
:コルトM1917、コルトパイソン4インチ、ブローニングM1910、ワルサーP38、ルガーP08、ルガーP08砲兵モデル(ストック付)、H&K P9S、コルトガバメント、エルマルガー(サイレンサー付)、ハイスタンダードA 22LR(サイレンサー付)、コルトディティクティブSP、コルトダイヤモンドバック2.5インチ、オートマグ、S&W M29 83/8インチ、ベレッタピューマ、南部14年式、モーゼルミリタリー、トカレフ、ニューナンブM60、ニューナンブM57A(B)、コルトパイソン6インチ、コルトトルーパー4インチ、6インチマグナムリボルバー、4インチマグナムリボルバー、3.5インチマグナムリボルバー(サイレンサー付)、スナッブノーズ、ウージーSMG、M3グリースガン、シュマイザーMP40、スターリングSMG、ベルグマンMP35、マシンピストル、サブマシンガン、M1カービン、ポンプアクションショットガン、水平二連ショットガン(切詰)、64式小銃、ストーナーXM23、M16A1、ボルトアクションスポーターライフル(スコープ付)、オートマチックライフル(スコープ付)、軽機関銃、マキシム重機関銃、ブローニングM2重機関銃、ミニバルカン、火縄銃

【ワイルド総研】
第一部『 両国・八百・世界(テル)』
第二部『チャーシュー(デカ)・オヤブン・ ヘボピー』
第三部ファイナル『 ユキ・草波』

旭工房 仲代光希

=============================================
clearfile_01「月刊望月三起也」では皆様からの投稿をお待ちしています。

「望月マニ也」「作品紹介」のほか書式や内容は自由!
投稿が採用され「月刊望月三起也」に掲載された方には
記念品として、特製クリアファイル(2枚セット)
をプレゼント!

是非、月刊望月三起也事務局までメールを送ってください。
お待ちしております。
info@wild7.jp

=============================================




望月先生のコメント

それにしても仲代さんの情熱には頭が下がります。
さらに言えば、Gunがとことん好きなンですねぇ。
市販のモデルガン、リアルにこだわって実銃に正確に再生する技術も凄いと思うンです。そこへいくと私はGun好きですが、そこらはいい加減です。もちろん描くときは資料を漁りまくり、出来るだけ正確を志します。でも何しろ連載していたころ、参考にしたい資料が、まァ、少ないこと。苦労しました。
が、一度描いてしまうとその熱が冷めて「資料、どこにやったっけ?」って、だらしない性格。さらには右面左面でグリップ形状が違うとか・・・・ 仲代さんなら嬉しがってツッコミ入れるなんて絵もあったりして。
だから一度描いた絵は二度は見ない方針。自分でミスを発見したとき、恥ずかしいし。TVなら翌日や翌週に謝って訂正できますけど、“本”は絶対修正できない。何十年か後にたまたま単行本を読み返していて、そういうミスを発見したときの恥ずかしさってないからねぇ。

今回は仲代さん、『チャーシュー』に触れていますが、実はこのキャラクター失敗で、7人という人数合わせで誕生させたって具合で、『両国』ってキャラクターを思いついたとき迷わずチェンジ。
そんなチャーシューの愛銃に触れてくれて、その製作に愛情を注ぐって、チャーシューは仲代さんに感謝しなくちゃね。
そんな仲代さんのリアル・チャーシュー・ルガー、その内に見せてもらおうっと。

オヤブンのコルト・パイソン、まさに銃身上のリブ!ここに惚れて、「オヤブンはこの銃以外考えられないでしょ!」
元ヤクザってキャラクター、一宿一飯、義理人情・・・ これはオートマチックじゃないね、絶対リボルバーです! なんたって弾の突っ込み・・・・ ジャムるなんてことがない。三度笠に道中差し、それがオヤブンなんで、絵の都合で長くも短くも見えていたのでしょうが、私としては長いってのがパイソンのイメージだね。
それをまた仲代さん、磨き上げたって?見たいねぇ!マニアック、いいなぁ。
私、金色のMGC製しか現在持ってないんで、見たいねぇ。

さらにさらに、コルト・ウッズマン・マッチターゲットのロングバレル・バージョン写真で見ると凄い!この長さの現物があったンですねぇ。これまたよく手に入れたものです。
そのうち、触らせてね。
それにしても銃器リスト、よくもまァ、これだけ多種を描いたもので、改めてこだわり屋なのか。単なるガンフリークなのか、自分でもわかりません。



  固定リンク   |   トラックバック(0)


コメント


トラックバックURL


表紙 » 望月マニ也