月刊望月三起也タイトル画像

月刊望月三起也 2022年04月号

橋 TroubleWriter

作品紹介

第二次世界大戦末期の1945年3月7日に、ライン川に残った唯一の橋であるレマゲン鉄橋(ルーデンドルフ橋)をめぐる連合軍とドイツ軍の攻防戦が行なわれました。

ルーデンドルフ橋は攻防戦の後の10日後の3月17日に崩壊して、再建されることは無く、現在は両岸の橋桁が残るのみ。
1980年にレマゲン側に残る橋桁の内部が改装され、平和博物館として現在も公開中です。

その史実をスペクタクル巨編として製作された映画が『レマゲン鉄橋』(1969)で、監督:ジョン・ギラーミン、主演:ロバート・ボーン他でした。

多分、望月三起也先生がサッカーの試合を見にドイツに行かれた際に、この平和博物館に立ち寄られて、その場で閃いて帰国後描かれたと思われる作品が『橋 TroubleWriter』です。 続きを読む

2022 年 4 月 15 日   固定リンク   |   トラックバック(1)

【お知らせ】[発売中]生原稿ver.最新刊「誘拐の掟」

事務局からのお知らせ, 巻頭特集

-(2021/04/15更新)-

絶賛発売中
復刊ドットコムサイトよりお買い求めください。

-(2021/02/01更新)-

生原稿バージョン最新作は、「野性の7人」「バイク騎士事件」といった奇抜なアイデアが満載の章と、社会派ドラマを展開させる「コンクリート・ゲリラ」をつなぐ屈指の名エピソード!

「誘拐の掟」
続きを読む

  固定リンク   |   トラックバック(1)


みんなで望月三起也先生を応援しよう!

  • チェック

    Bookmark and Share




  • 次号のお知らせ

    • 不定期更新となります




    RSS 1.0


    Adobe Flash Player

    Copyright © 2008 Adobe Systems Incorporated
    All Right Reserved.


    ValueCommerce/Affiliate


    【お問い合わせ】
    月刊望月三起也事務局
    info@wild7.jp

    【ビジネスに関するお問い合わせ】
    カエルぷろ